蒟蒻厨房とは

  • HOME
  • 蒟蒻厨房とは

はじめまして。

蒟蒻厨房(マンナンキッチン)にお越しくださり、ありがとうございます。

蒟蒻厨房(マンナンキッチン)は広島のこんにゃくメーカー「寿マナック株式会社」が運営しております。
私達は30年間、ひたすらにこんにゃくと向き合って参りました。形を持たないこんにゃくならではの可能性を探求し、
独自のラインや装置を開発し、特許商品や独創的なこんにゃく商品の開発を行ってきました。

デトックスやカロリーオフ、糖質オフなどのニーズが高まってきた今の時代に、私どもが30年間かけて育んだノウハウを集結させて、「美味しさ」と「健康」を両立できる商品を世の中に発信することで社会貢献を出来ればと思い、蒟蒻厨房(マンナンキッチン)を立ち上げました。
弊社は外食店のこんにゃく料理専門店も運営しており、こんにゃくの「健康さ」を活かした「美味しい商品作り」には自信がございます。

どうぞ蒟蒻厨房(マンナンキッチン)の商品をご賞味ください。

蒟蒻厨房とは

蒟蒻厨房(マンナンキッチン)とは、美容と健康を気にするお客様に、美味しくて、安心安全なトータルミールソリューションをご提供するサービスです。

蒟蒻厨房の想い

『一食入魂』 美味しくて、安心安全な食事で、「自分らしく」美容と健康を守る!

蒟蒻厨房の人気商品「蒟蒻ベーグル」。豊富な味のバリエーションをお楽しみください。 私たちは、美容と健康を気にするお客様に、美味しくて、安心安全な「トータルミールソリューション=食事」をご提供するサービスです。

世の中には、多くの健康食品、美容食、ダイエット商品が売られています。
そういった食品は、「味が良くない。」「値段が高い。」「続けるのが面倒だ。」といった問題があるのが一般的です。さらに、配合されている成分や原材料にまで目を向けると、「不安」「心配」「問題」が出てくるものも多くあります。

そこで、出会ったのが、日本古来からの健康食材である「こんにゃく」です。

ダイエット食材としては、メジャーな「こんにゃく」ですが、今までの商品は、食材として「こんにゃく」を使うまでに留まっており、こんにゃくの本当の魅力を引き出せていないと考えています。私たちは、“食材”としての「こんにゃく」を提供するのではなく、こんにゃくを使った“美味しい食事”として、お客様の健康と美容をサポートします。

多くのお客様の笑顔のために、美容や健康を大事にした「自分らしい生活」を手に入れるトータルミールソリューションをお届けしたい。その想いで、蒟蒻厨房(マンナンキッチン)はスタートしました。

『温”蒟”知新』 こんにゃくの優れた機能の再発見!

原材料となるこんにゃく芋は、こだわりの国産こんにゃく芋「大山生芋こんにゃく」を使用。 こんにゃくは昔から日本の伝統的な民間療法の代表的な食材(漢方)として用いられてきました。
江戸時代の百科事典「和漢三才絵図」の中で「俗に云う、こんにゃくは腹中の土砂を下ろし、男子最も益ありと、そのよるを知らずといえども、さい病を治するに功ありと」と記述があり、こんにゃくが難病のさい病(呼吸器病)によいとされています。他にも、腫れ物、口渇、貧尿などによいとされ、「胃のほうき」とか「腸の砂下し」とも言われ体内の毒さらいに食べる習慣がありました。

これは、こんにゃくに含まれる食物繊維(グルコマンナン)に由来しています。食物繊維は、腸内細菌叢を改善することによって大腸がんや大腸ポリープなどの大腸疾患のリスクを軽減させることが知られています。大腸には、100種類、100兆個もの細菌が生息し、これらを腸内細菌叢と呼んでいますが、このなかには乳酸菌のような善玉菌だけでなく、悪玉菌もたくさんいます。食物繊維の多い食事は、それが善玉菌のよいエサになってその発育を促し、結果的には悪玉菌の発育を抑えるのです。このことが、排便促進作用とあいまって、大腸疾患を予防します。

他にも、肥満(メタボリックシンドローム)などの生活習慣病や、糖尿病などの予防にも効果が高いと言われています。

『“美”食同源』 美も、食生活の改善から!

蒟蒻ベーグルは具材をサンドしたり、アレンジすることで、より美味しく味わえます。 こんにゃくは、美容効果も期待出来る「万能食材」だということは、ご存じでしょうか。

美容という観点からも、食生活が大切なことは、誰もがよく理解していることだと思います。でも忙しい現代社会。健康と美容に気をつけて、様々な食材を豊富に接種している暇はありません。

こんにゃく芋には、美容成分「セラミド」が多く含まれています。
※こんにゃく芋には、約80mg/100g のセラミドが含まれており、食用植物の中で最も多いと言われています。

セラミドとは、皮膚の角質細胞の周りにある細胞間脂質の主成分です。水分を挟み込んで閉じ込め、細胞に潤いを与えたり、クッションのように支える役割を持っています。つまり、体内の水分が外へ逃げない様に防いだり、紫外線などの外敵から肌を守る働きがあります。

セラミドが不足すると、細胞の周りの水分だけでなく、細胞の内からもどんどん水分が抜け、張りがなくなったり細胞の列が乱れ、シワが出来てしまいます。すると、冬の弱い紫外線でも肌の奥に到達し メラニン色素を増やし シワに発展する恐れが出てきます。

こんにゃくに含まれる美容成分を、食事を通して接種することで、保湿作用が高く肌の保湿性の向上が期待できます。平安時代中期に編まれた「拾遺和歌集」では、こんにゃくが和歌に読まれており、平安美女も、こんにゃくを食べていたと考えられています。

蒟蒻厨房の安心安全へのこだわり

蒟蒻厨房(マンナンキッチン)は、美味しくて、安心安全な食品の提供のために、下記の取り組みをしています。

こんにゃく芋は、こだわりの国産こんにゃく芋しか使いません

原材料となるこんにゃく芋は、こだわりの国産こんにゃく芋しか使っておりません。こんにゃく芋にこだわり、より安心安全なこんにゃくを作っていきたいという夢が膨らみ、鳥取県大山山麓の農家・農協の方とのご縁で、大山生芋こんにゃくというブランドを起ち上げてしまいました。

全商品の製造には、軟水の良質な天然地下水を利用

こんにゃくのおいしさには、信頼おける国産原材料は勿論ですが、さらにそれをおいしくするために欠かせない軟水の水があります。蒟蒻厨房の全商品は、全商品国内自社工場で製造しています。自社工場は、山あいに位置し、そこから湧き出るミネラルの豊富な天然地下水を使用しています。

製造工場は、有機JAS認定取得、ISO9001認証

NPO法人・JONAオーガニック基準に従い、こんにゃく原料の栽培から最終商品出荷まで追跡可能な管理システムを導入しています。有機農産物加工食品には認定による有機JASマークが付いています。

有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

蒟蒻ベーグル開発秘話

商品が出来るまで

原材料は、国内産こんにゃく芋のみを使用しています。 ベーグル生地の1/3は蒟蒻を使用しています。 毎日の天候にあわせて、仕上がり具合をチェックします。 生地を丸めて、2倍程度になるまで発酵させます。 小分けにした後、30分程生地を休ませます。 いよいよ、特徴であるドーナッツ型に成形します。 ふっくらした食感は、二次発酵が生み出します。 天然地下水を沸騰させた、たっぷりのお湯で茹で上げます。 ふっくら、こんがりと焼き上げて、できあがり♪ カワイイ包装に包んで、お届けします。

蒟蒻厨房では、農場でのこんにゃく芋栽培(大山生芋こんにゃく)と、
製品の加工・製造、ご注文の受付、発送まで、
お客様にお届けする商品の一貫対応を行っています。

こだわりの商品

初めての方限定 マンナンベーグル

蒟蒻ベーグル

蒟蒻パスタ

米こん

Page Top